投資マンションで一攫千金~BOOMに乗ってマネーGET~

real estate

取引が盛んな時期

マンション投資の歴史

attractive house

大阪でマンションが活発に建設されるようになったには1960年代であり、特に万博開催が決まった時期が大ブームです。そしてマンションの販売戸数が増えるにつれて、居住用以外にも投資マンションの開発が活発化したのがこれまでの流れです。また1980年代のバブル経済の時期には、大阪の投資マンション購入のために多額のマネーが流入したことも大きなエピソードです。しかしバブルが崩壊した後は大阪でもしばらくは投資マンションの販売が低迷しましたが、最近では再び物件の開発が活発です。特に最近注目されているのが、夫婦だけの世帯向けのコンパクトマンションや、富裕層向けのタワーマンションへの投資です。更に外国人投資家も積極的に購入しているのが、この数年間の特徴です。

現在人気の物件の特徴

不動産投資家のニーズも多様化しているので、大阪の人気の投資マンションのタイプも分散傾向です。その中でも中古物件を購入するのが静かなブームであり、特に高利回り物件をリノベーションして入居者を募集するのがトレンドです。しかし新築物件への根強い人気もあり、不動産会社でもシングル向けの物件の開発に積極的です。特に従来よりもグレードの高い投資マンションへの需要が高まったために、設備の充実した物件を販売するのがブームです。またタワーマンションを購入して入居者を募集するケースも多く、相続税対策を視野に入れるケースも多いです。そのためにマンションの分譲戸数自体が増加傾向であり、今後数年間はこのトレンドが継続するでしょう。