投資マンションで一攫千金~BOOMに乗ってマネーGET~

real estate

取引が盛んな時期

attractive house

大阪では万博開催を契機にマンション建設が盛んであり、バブル期や最近の数年間が投資マンション購入のブームです。また投資家が求める物件は多様化しており、シングル向けや富裕層向けでも、ハイグレードな物件を購入する傾向が強いです。

Read More

人気の高い物件

attractive house

売りアパートは賃貸経営用に棟単位で売りに出されるアパート物件です。自ら建てるよりも手っ取り早く事業が始められ、マンションに比べると割安というところから人気があります。事業の成功には、空き室対策などの経営努力がカギとなります。

Read More

日本の経済状況

一括借り上げや空室保証を行なうことで、安定した賃貸経営を行なうことが出来ます。コチラを利用して、優良なサブリース会社を探しましょう。

不動産投資の成否

attractive house

円安の日本。海外から見ると、日本で売っているものは円安になるほど値下がりし、今現在は格好のお買い得セール中です。その状況は不動産とて例外ではありません。 東京オリンピックを控え、特に首都圏の不動産価格は上昇を続けています。政府・日銀によるインフレターゲット導入もそれを後押ししています。インフレになると、不動産保有者にとって資産の増加を意味します。不動産投資が活況になっているのもおかしな話ではないのです。 不動産投資は、いつ買うかばかりが注目されていますが、それ以上に売りどきというものも非常に大きな意味を持っています。いくらで不動産を買おうが、売ったときにその値段以下になれば、それは失敗したことを意味するからです。

買い時以上に難しい売り時

土地や物件そのものを購入する不動産投資にとっては、買い時を見つけるよりも売り時を見つけることの方が難しいとされています。 不動産はスーパーでの買い物のように、大量の購入希望者がいるわけではありません。言ってみればお見合いのように1対1での取引です。それも、いつ現れるかは分かりません。現れた買い手に売れなければ次はいつになるか分かりません。 それ故、強気の売却条件を提示できず、相手の条件に従わざるを得なくなることもあります。買った時よりも高ければ不動産投資の成功とするなら、それより高く売れなければ失敗となります。 安い値段しか付かず、不動産投資の失敗を恐れるあまり、売り時を逃すという可能性もあります。「もっと高い値が付くまで売らない」ことで、さらに売るチャンスを狭めます。 1度失敗したかに見えても、物件をチェンジすることで次の機会に賭けることも出来るのです。

駐車場で土地活用を行いませんか?定期的な収入を得る事ができるのでオススメです。サポートしてくれる会社はこちらで情報を仕入れよう。

新築物件に投資する

attractive house

投資マンションする際には、新築マンションに投資すると良いでしょう。大阪には新築マンションの数も多く、内装も外装もキレイなマンションは入居する人も多いです。最近では自然災害に適したマンションも増え、高い評価を得られます。

Read More